読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月の恒の如く

見たことない何かが見たい日々

ダンスレッスンの構造

自主的な空気で進めていたレッスンを質問型に展開していこうと試行した・・・ら、問題解決中心!?が最適だと思った。

 

いままでは・・・

①ある説明をそれぞれで解釈

②手段の制限・組み立て・経験

③実践型に変化

④アウトプットは放置

教える側に必要なスキルは着眼点。

学ぶ側に必要なのは解釈、追求、創造。

 

これはこれで1つのフレーム。

いいところは目的へ短い道のりで到達しやすく無駄が少ない。

おもしろいことをたくさん経験するのはいいことだと思う。

で、問題になってるのが

自分との相性(言葉、習得方法)

本人の納得度に差(話しが分かる分からないの状態で差が出る)

内省的な時間損失(全体から見る自分の位置、振り返り、整理などしなくなる)

ふまえ到達するまでの遅さ(判らないところが放置に近い)

で思った!

 

彼らは十分に戦った・・・この先の伸びしろはまた作らないといけない。

 もちろん、いままでのレッスンがあってのこと。

 

 

彼らは・・・

頭脳的にも(問題の解釈、創造、人の感情の理解)

肉体的にも(トレーニング、ストイック、コントロール

毎月の感度系の課題をこなし

誰かにいろいろ言われたり

自分と本人で思考に差があったり

自分から問題を発見したりはするが

矛盾の整理が行われていない。

まあ、たくさんのぼんやりが存在しているはず。

それを徹底的にQ&A爆破してみようと思う。

 

Q&Aと言っても、進みながら学ぶような逆引き方式と少し違い、

より具体的にかつ正解として与えないところまでにしてやってみたい。

 

注意しようと思うのは・・・

気の小さい人が閉じこもること

ボリュームを大きくしないこと

壁を新たに作らないこと笑

簡潔に正確に答える

 

頻度は・・・

毎回じゃなくてストレス解消レベルで

マイルストーンのような位置づけでおこなってみようと思います。

成長はおもしろい。

広告を非表示にする