読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月の恒の如く

見たことない何かが見たい日々

音楽を最高な状態で聴くには

深夜に聞いたこの曲がヤバい!とテンションあがったんですが、昼に同じ曲を聞いてみると普通なんやけどって、ここまで差が出たのはこの曲が初めて。何によるものか気になって仕方がない。

この感覚って・・・

 

真夜中のラブレター現象

この関係はもちろん強い。副交感神経による感性モードでかつ躁状態

 

スピーカー

音量、音質の変化で裏音やらの細かい音が聞こえないと成立しない音楽?音量はいじってない。

他にも爆音は若い人にウケるとかの・・・いや、もう若くない。

 

空間の色

視覚+聴覚。色と音を同時に経験すると少なからず影響の脳処理?

 

状況と気持ち

聞く前の気持ち、疲れる練習で100回くらい聞いたときの音楽は嫌いになるとかそういう類の?誰かと聞くより一人のときのほうがいい感じに聞こえるやつ?

 

ダンスする人間として

踊ってみたい、踊りにく曲とかで判別してる・・・とか?

 

耳が聞こえなかったときがあって、治って普通に戻ったら何でもかんでもクリア爆音に聞こえたことがあったんですが空腹なら何でもおいしいみたいな状況と一緒?で脳構造次第?

つまりは音楽を最高な状態で聴くには自分作りが必要なんでしょね笑 何でも自分次第・・・つまらないオチです。

広告を非表示にする